TOP > 当院の方針

当院の方針

当社は、18年前にオーダーシューズ事業をスタートして以来、多くの方に感動と喜びをお届けしています。体の痛みや体調不良が改善し、靴の大事さに気づかれた方は大勢いらっしゃいます。
長年にわたる、お客様の足の診断を通じて、多くの方が、足のトラブル・腰痛・肩こり・頭痛・体調不良等で悩んでいる状況に接し、かねてより、この方達のお役にたつための技術開発と仕組みづくりに取り組んできましたが、このたび、下半身のケアをベースにした[足と脚]専門の整体院を開設いたしました。

ゆがみは[健康]と[美]の大敵!

体の痛みの多くが、脚や体のゆがみに起因します。ゆがみが体のバランスを崩し、骨格や筋肉が反応して過度にバランスを取ろうとする作用が痛みにつながります。
ゆがみは、外観(姿勢=プロポーション)や、内面の“心”にも悪影響を及ぼします。(痛みがあれば、顔色が優れなかったり、憂うつになります)

  1. 足に合わない靴や、歩行バランスの悪い靴を履くと、悪い歩き方になり、脚や体にゆがみを生じさせる。
  2. 逆に、脚や体のゆがみが、足に重心の偏りやトラブルを生じさせ、悪い歩き方を助長し、体のゆがみを増幅させる。

この1と2のゆがみと原因を改善しない限り、矯正効果は上がりにくいといえます。
一般の整体などのように、上半身のゆがみだけを矯正しても、足や脚のゆがみを矯正しない限り、容易に元へ戻ってしまいます。
このように、ゆがみ矯正のポイントを「体の土台である骨盤から下の部位に観点を置く」ことが当社の基本方針です。
ベルシャンならではの[靴・フットケア・整体]の複合的な対応が、ゆがみと痛み改善に力を発揮します。

ケアの流れについて

股関節や膝のゆがみからくる脚のゆがみには O脚矯正
姿勢などからくる骨盤のみのゆがみには 骨盤矯正
足に合わない既成靴や、悪い靴を履くことによって起こる
痛みやトラブルには
トータルフットケア
手技による矯正が難しいとされている足部のゆがみ、
歩行によって起きる痛みなどには
バイオメカニクス足底板療法

 

以上のように、ベルシャンは、高度な技術とトータルフットケア体制により、皆様の健康をサポートします。
貴方のご来店をお待ちいたしております。

補足

「足」は、くるぶし以下の部分、
「脚」は、太もものつけ根から足首までをしめします。
ちなみに、英語では、「足」を「foot」。「脚」を「leg」と言います。

ベルシャンの人たち

足と靴のプロフェッショナルが「常に進化していく技術力」で、あらゆる足・脚の悩みをサポートします。

院長 岸本 竜士

院長 岸本 竜士

福岡県出身
整体師、カイロプラクター、フットセラピスト
FSI認定 フスフレーガー
FHA認定 シュ−フィッタ−
SUPERFEET Tech master SPT(インソール作成認定)
日本ホリスティック医学協会認定 生活習慣病予防士
日本フットケア学会会員

整体師として12年間にわたりO脚矯正専門店にて1万人以上のお客様に接し、O脚・骨盤の矯正、さまざまな足のトラブルのケアを通じて、体の痛みやゆがみ改善には[足・脚]に観点を置く施術が最も本質的な手法であると考え、「整体」「フットケア」「靴・インソール」の3分野の技術に研鑽を積み重ねてきました。
通常、業界別に分けられている3分野の業務を、当院内で一元的に対応できることに大きな意義があり、高い改善効果にもつながります。「当院に来て良かった」と皆様から信頼いただける店作りを目指しています。スタッフ一同、力を合わせて頑張ります。よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ